• 2018.4.25

水道・ガス・電気は究極のビジネス

水道やガス、電気などのサービスは人間の日常生活にとって欠かせない存在です。
これらの存在がなくなれば不便な事はもちろんですが、様々な職業の人に影響を与えます。
そのくらい重要な物です。
現在便利に過ごすことが出来ているのはこういったものが身近にあふれているからといっても過言ではないのです。
生活のインフラとなっている存在があるからこそ、全ての生活が成り立っているのです。

こういった絶対的な存在である水道や電気、ガスを供給することは究極のビジネスだといえます。
なぜならこれらの物はすべての人が求めている物で、需要が尽きないからです。
リピート率は百パーセントで、必ずお金になるビジネスだといえます。
水道においては水、他にもガスや電気を所有する権利はすべてに人間にあります。
また、それらを供給する権利もすべての人間にあるということです。

この究極のビジネスともいえる水道やガス、電気の供給の一番のメリットは、供給する店がつぶれないということです。
需要が尽きることのない物を扱っているうえに、すべての人間が定期的に買い求める必要のある物を取り扱っているからです。
自然資源の為、手に入れることもそこまで手間がかからず、支払われた料金のほとんどが純利益となります。
こういったポイントを押さえているからこそ、究極のビジネスだといえるのです。

現在の情報化社会のインフラを支えているのは間違いなく電気です。
どんな情報のやりとりも電気があってこそのものです。
さらに人間の生きるために最低限必要な水を供給する水道があり、それを扱うためにガスがあります。
このようにすべての身近な構造の根本にはこういったものが関わってきます。
そのため、絶対的な必要性を確立しているこのような資源をないがしろにすることは出来ず、そういった基本構造に目を付けた人間はそれをビジネスとして使用したのです。

現在こういった資源なしで生きていける人はごくわずかです。
どれだけ自給自足の生活をしている人でも必要としている物で、何かしらのタイミングで確実に使用している物です。
だからこそ確固たるリピート率を確保し、ビジネスとして扱っていけるのです。
本来誰の物でもないはずの自然資源ですが、誰かが手綱を引っ張っていなければ統制が取れず、すぐに使い切ってしまうものです。
その役目を人間が担うことで、現代社会の基盤は出来ています。
そういったことを念頭に置いて水道や電気、ガスを使用していく事が大切です。

関連記事
ページ上部へ戻る